top of page
  • 執筆者の写真翔子

「蝕のトンネル」の過ごし方【新月】【満月】





月のリズムを知ることにより、日々をもっと過ごしやすくできるとしたら!?

知らないでいるのは勿体無いと思いませんか?


月の満ち欠けが私たちに与える影響について、ルナーフェーズという視点からはこちらにまとめました。





この記事では、新月・満月の特別なタイミング、日蝕・月蝕に関したことを占星術的視点からまとめていきます。



日蝕・月蝕とは

新月、満月には特別なタイミングがあり、それが日蝕、月蝕です。




日食とは?月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。太陽の隠され方によって、下記の3種類に分類されます。
部分食 太陽の一部が月で隠される。
皆既日食 太陽の全てが月によって隠される。
金環日食 太陽のほうが月より大きく見えるため、月のまわりから太陽がはみ出して見える。
国立天文台ホームページより


月蝕とは?地球と月は太陽の光を反射して輝く天体です。地球にも太陽の光による影があり、太陽とは反対の方向に伸びています。この地球の影の中を月が通過することによって、月が暗くなったり、欠けたように見えたりする現象が「月食」です。
月食は、太陽-地球-月が一直線に並ぶとき、つまり、満月の頃だけに起こります。ただし、星空の中での太陽の通り道(黄道)に対して月の通り道(白道)が傾いているため、ふだんの満月は、地球の影の北側や南側にそれたところを通ります。そのため、満月のたびに月食が起こるわけではありません。
月の一部だけが本影に入り込む現象が「部分食」、月の全てが本影に入り込む現象が「皆既食」です。
国立天文台ホームページより


日蝕・月蝕は、起こる日時や見る場所によって、見え方が変わってきます。




日蝕の与える影響




占星術的な視点から、月の満ち欠け、特に日蝕の場合に考えられる影響はどんなものでしょうか?


月が太陽と重なり急激に光を失うため、古の人たちは「天変地異」などの不吉な知らせと受け取っていたようです。白昼、突然に暗闇になるわけですから、恐ろしく感じて当然ですよね。


その様から、占星術的には


  • 急激な変化

  • 急激な進行

  • 隠されていたことが露呈する

  • 急展開(物事が反転する)



など、日蝕は大きな変化を暗示します。


日蝕は、太陽ー月ー地球が一直線に並び、尚且つ新月の時のみに起こる現象です。

このことからも、かなりパワフルな影響を受けると考えられています。


日蝕の起こる地域はその時々の状況により変わります。例えば、前回日本で起こった皆既日食は次の通りです。2009年7月22日(トカラ列島・奄美諸島の一部・硫黄島)、2012年5月21日金環日食(奄美諸島、九州、本州沿岸地域)など。特に影響が強く出ると言われています。


月蝕の与える影響


占星術的に、月蝕が与える影響は次の通りです。


月蝕は、地球が月と太陽の間に入り、その影で一部、または全体が欠けて見える現象です。

月は無意識をあらわし、普段見えていない部分、あえて見ていない部分など感情面を司どることから、


  • 大きな手放しが起こる

  • または大きな許しが起こる

  • 大きな感情の噴出、デトックスが起こる


などと言われています。


月蝕はかなり大きな浄化と手放しを暗示しています。



月蝕は、太陽ー月ー地球が一直線上に並び、尚且つ満月の時に起こる現象です。赤く見えることから、ブラッドムーンとも呼ばれ、通常の満月よりもパワフルな影響を与えると言われています。



蝕のトンネルとは?

「蝕」の現象は、半年に一度のペースで起こります。


「太陽が月に食われる」または、「満月が地球の影に食われる」ことから、

現在進行形で進んでいる運命が急激に変わるものと言われています。


月蝕と日蝕を繋いだ期間をトンネルに見立てたものが蝕のトンネルです。

月は無意識の領域、感情面など見えない部分、影の部分を表します。


蝕のトンネルは、影の部分が炙り出しが起こる期間となると言われているため、

次の行動はNGとなります。



❌新しいことを始める

❌大きな決断はしない方がいい



しっかりと内側と向き合う炙り出し期間が終われば、新しいことを始めるタイミング、生まれ変わりのタイミングがやってくると言われています。場合によってはこれまでの考え方が反転していく急展開となる可能性もあります。



占星術的に、新月・満月が起こった星座(サイン)やハウスの意味合いがテーマとなり影響してきます。ご自分の出生図を出して照らし合わせると、どのように影響が起こるのか?その時々の状況に照らし合わせて読み解くことが出来ます。
占星術の詳しい記事は、随時更新していきます。

まとめ

占星術的に見て日蝕、月蝕は、毎月起こる新月・満月に比べて、よりパワフルでその影響力が大きく出るようです。


新月の時に起こる日蝕は、より新月の意味合い・エネルギーを強め、満月の時に起こる月蝕は、より満月の意味合い・エネルギーを強めると言えます。


  • 新月🌑あたらしい始まり、サイクルの始まり、人生の転換期

  • 満月🌕 物事の完成、成就〜手放し、浄化


人生の大きな転換、意識の大きな変容が起こりやすいタイミングといえます。


月の満ち欠けのように、物事には自然なバイオリズムがあり、平坦なままでは変化は起こりません。変化がなければ成長することは出来ません。


新月・満月の時期は、心身のデトックス、切り替えのタイミング、ターニングポイントと捉えて、日常的に自身の内側との対話を忘れない姿勢が大切になるのではないでしょうか。


月の満ち欠けの影響は、特に身体面や心の影響も大きく出る場合があります。いつも以上にリラックスして体を休め、心穏やかに無理のないよう過ごすことに意識的になってみてはどうでしょうか。



これまでに起こった蝕のトンネル期間を振り返って、自分にどんな影響があったのか?考察してみるのも面白いかもしれません。

ここからは、会員限定記事になります。



牡牛座満月のテーマ「あなたにとっての真の豊かさとは?」

記事の続きは…

comasaya.com を定期購読してお読みください。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page